グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language
  • 音声読み上げ

ホーム > 文化・スポーツ・観光 > スポーツ > 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた青森市の取組 > 取組状況 > JICAタジキスタン事務所特別出前講座(2020年2月20日・21日)

ここから本文です。

更新日:2020年3月4日

JICAタジキスタン事務所特別出前講座(2020年2月20日・21日)

ホストタウン事業の一環として国際協力機構(JICA)、青森市国際交流協会、青森市が主催し、JICAタジキスタン事務所の現地人職員ヌルファノ・ファルフォドさんを招いた出前講座を青森市立古川小学校、青森市立戸山西小学校の2校で開催しました。

青森市立古川小学校(2月20日)

講座の様子

5年生、6年生の児童を対象にタジキスタンの歴史、文化について、また、国際協力機構がタジキスタン現地で取り組む「水問題」などについてお話しされました。
児童の皆さんは興味津々な様子でヌルファノさんの話に聞き入っていました。(写真:講座の様子)

児童の皆さんからのけん玉披露

児童の皆さんからはお返しにけん玉を披露。

古川小学校集合写真

古川小学校児童との集合写真

青森市立戸山西小学校(2月21日)

合唱コンクールの様子

講評の様子

全児童が参加する合唱コンクールに審査員として特別参加しました。きれいな歌声に感動しましたとヌルファノさん。(写真:児童の皆さんによる合唱、講評の様子)

壁新聞の発表

講座では児童の皆さんが自分たちの暮らすあおもりや学校の紹介動画と、事前に調べ作成したタジキスタンについての壁新聞を発表しました。今回の学習を通して戸山西小学校5年生は見事日本で一番タジキスタンに詳しい小学生になりましたよ!(写真:壁新聞の発表)

戸山西小学校集合写真

戸山西小学校児童との集合写真

出前講座を通して

「タジキスタンは楽しいお祭りやドライフルーツ、特色ある文化や歴史など見所がたくさんある国です。今回の交流を通してタジキスタンの場所だけではなく平和で魅力ある国だということを伝える貴重な機会になりました」とヌルファノさん。

子どもたちからは「日本とも交流があってすごいと思った」「今まで知らなかったけど楽しそうな国で行ってみたい」「タジキスタンの選手を応援したい」などの感想をいただきました。

今回の交流がホストタウンの取組やタジキスタンという国への興味、関心を抱くきっかけになるといいです!

問合せ

所属課室:青森市経済部地域スポーツ課

青森市新町一丁目3-7

電話番号:017-718-1895

ファックス番号:017-734-5188

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?