• 文字サイズ変更・色合い変更
  • 音声読み上げ

青森市ホームページ

電話番号:017-734-2171 住所:〒030-0821 青森市勝田一丁目14-20

お問合せ窓口

  • ホーム
  • 当院の紹介
  • 地域医療連携
  • 診療科部門の紹介
  • 受診される方へ
  • 入院のご案内
  • 施設案内
  • 医療関係者の方へ 採用・研修等

ここから本文です。

更新日:2022年5月24日

研修プログラム

研修プログラムの名称

青森市民病院臨床研修プログラム

研修プログラムの特徴

  1. プライマリ・ケアに関する広範な研修ができるよう配慮し、基本的診療能力を修得しやすくしています。
  2. 2年次の必修分野のうち地域医療及び精神科研修は、院外の協力病院・協力施設で研修することで、地域の状況に即した医療現場を体験できます。
  3. 必修分野のほか救急研修の一環として麻酔科や整形外科を必修科目として取り入れ、到達目標が十分に達せられるよう構成するとともに、選択科研修期間も十分に確保し、基本的診療能力の修得と将来のキャリア形成に資することの双方を実現できる内容としています。
  4. 独立した救急診療科はありませんが、年間の救急車受入件数は2,720件(令和3年実績)で、救急診療の機会も豊富です。
  5. 院内の教育委員会等が企画する教育プログラムにより、各種研修会・講演会を実施しています。
     

臨床研修の目標

新医師臨床研修制度の基本理念に基づき、医師としての人格の涵養に努めるとともに、各領域にわたる基本的な知識、技能及び態度などの幅広い診療能力を修得し、プライマリ・ケアに対応できる医師を育成します。
 

研修スケジュール

route

  • 上記はローテーションの参考例。
  • 内科研修は「糖尿病・内分泌内科」、「循環器内科」、「消化器内科」を8週ずつローテートする。
  • 救急研修は12週とし、うち8週をローテーションとして割り振り、残りの4週は麻酔科研修をもってこれに充てる。
  • 一般外来研修は4週とし、内科、外科、地域医療の研修に含むものとする。
  • 各研修期間は週単位で表記しているが、原則、月単位で運用している。
     

協力病院・協力施設

【精神科】
  • 青森県立つくしが丘病院
【地域医療】
  • (社)慈恵会 青森慈恵会病院
  • 盛ハート・クリニック
  • 森山内科クリニック
  • 外ヶ浜町国民健康保険外ヶ浜中央病院
  • おひさまクリニック
  • 国民健康保険五戸総合病院
  • 青森市立浪岡病院
【保健・医療行政】
  • 青森市保健所
  • 東青地域県民局地域健康福祉部保健総室(東地方保健所)
  • 中南地域県民局地域健康福祉部保健総室(弘前保健所)

 

プログラム責任者からのメッセージ

豊木 嘉一(院長兼臨床研修管理室長)

当院の研修プログラムでは、救急医療で遭遇することの多い整形外科を基本科研修に組み入れ、各科による救急疾患講義を行い、プライマリ・ケア研修の領域拡大を図っています。また、1年次には当直業務を副直として参加するようにしています。さらに、将来の専門領域選択の便を考慮して選択科研修期間を8か月と長めに設定するなどの工夫をしています。指導医には診療および指導意欲旺盛な中堅クラスも多く、また、高度医療に携わる専門医も多数在籍しています。プライマリ・ケアから専門性の高い診療まで幅広く実践しています。病院見学は随時可能です。意欲的な皆さんの応募を期待しています。
 

年次報告

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問合せ

  市民病院事務局

青森市勝田一丁目14-20

電話番号:017-734-2171(内線7316)

ファックス番号:017-734-7578

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?