グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > 文化・スポーツ・観光 > 文化・芸術 > いにしえ青森(青森市遺跡・文化財ホームページ) > 青森市内の遺跡 > 青森市内の特別史跡・史跡 > 特別史跡 三内丸山遺跡

ここから本文です。

更新日:2014年12月22日

特別史跡 三内丸山遺跡

概要

三内丸山遺跡は、古くから土器がたくさん見つかることで知られ、古くは江戸時代の文献にも記録されています。
これまでの発掘調査で、主に縄文時代前期から中期(約5,500年から4,000年前)の大集落の跡や、平安時代(約1,000年前)の集落の跡が見つかっています。
特に、縄文時代の大集落の跡からは、数多くの竪穴式住居跡、大型竪穴式住居跡、掘立柱建物跡、大量の遺物が捨てられた谷(泥炭層)、大規模な盛土遺構、道路跡、大人の墓、子どもの墓、環状配石墓などが見つかりました。また、谷から見つかった動物や魚の骨、植物の種子や花粉から、当時の食生活や自然環境などを具体的に知ることができます。さらに、ヒスイやコハク、黒曜石が見つかったことにより、遠方との交易を、漆器は専門的な技術を持った人々が存在していたことを物語っています。
三内丸山遺跡は、縄文時代の人々の生活を具体的に知ることができる貴重な遺跡であり、国特別史跡に指定されています。
青森県では、縄文時代の「むら」を体験できる公園として、整備を進めています。


三内丸山遺跡

遺跡・施設のご案内

三内丸山遺跡は、縄文の丘三内丸山まほろばパーク内にあり、遺跡への入口施設である「縄文時遊館」では、三内丸山遺跡からの出土品をご覧いただけるほか、遺跡に関するさまざまな情報を提供しています。

所在地

青森市三内丸山

遺跡の開園時間(平成19年4月1日~)

4月~5月:午前9時~午後5時(入場は午後4時30分まで)
6月~9月:午前9時~午後6時(入場は午後5時30分まで)
10月~3月:午前9時~午後5時(入場は午後4時30分まで)

休館・休業日

年末年始(12月30日~1月1日)

遺跡の入場料

無料(縄文時遊館、遺跡展示室の入館料も無料です)

駐車場

普通車用、大型車用あり(駐車料金は無料です)
身体障害者用の駐車場もあります。

休館日・開園時間等は変更になる場合があります。詳しくは、三内丸山遺跡・縄文時遊館の下記お問い合わせ先、又は公式ホームページにてご確認ください。


復元大型掘立柱建物

アクセス・お問い合わせ

最新情報や詳細については、公式ホームページ又は下記問い合わせ先にてご確認ください。

三内丸山遺跡(考古学的情報に関すること)

青森県教育庁文化財保護課 三内丸山遺跡保存活用推進室
〒038-0031 青森市三内字丸山305
TEL:017-781-6078/FAX:017-781-6103

縄文時遊館(ボランティアガイド受付、体験工房利用に関すること)

〒038-0031 青森市大字三内字丸山305
TEL:017-782-9462/FAX:017-782-9463


アクセスマップ:三内丸山遺跡

問合せ

所属課室:青森市教育委員会事務局文化財課 

青森市新町一丁目3-7 

電話番号:017-718-1389・017-718-1392

ファックス番号:017-718-1394

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?