グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > 文化・スポーツ・観光 > 文化・芸術 > いにしえ青森(青森市遺跡・文化財ホームページ) > 青森市の文化財 > 昔の道具を調べよう > はきものや運搬具2

ここから本文です。

更新日:2014年12月22日

はきものや運搬具2


かんじき


腰籠(こしかご)


背当て(せあて)


もっこ


はばき


よこだら

【かんじき】
冬山などの雪の上を歩く時に、足が雪にうまらないように「わらぐつ」の下につけてはきました。クワやスギ、イタヤなどで作られています。

【腰籠(こしかご)】
腰に結び付けて使う小がたの竹かご。竹、アケビ、ブドウなどいろいろな素材(そざい)で作られています。

【背当て(せあて)】
わらで作られており、荷物をせおう時、直接背中にものがあたらないようにするために使いました。「ねこ」とも呼ばれていました。

【もっこ】
棒(ぼう)を使って2人でかついでものを運ぶ道具。わらをナワ状にあんで、作られています。

【はばき】
仕事をする時や旅をする時、ケガをしないように足のすねに巻きつけて使いました。わらや布などで作られています。

【よこだら】
わらであんだ箱の形をした入れもの。背中にせおったり、肩にかけて使いました。

問合せ

所属課室:青森市教育委員会事務局文化財課 

青森市新町一丁目3-7 

電話番号:017-718-1392・017-718-1389

ファックス番号:017-718-1394

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?