グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > 文化・スポーツ・観光 > 文化・芸術 > いにしえ青森(青森市遺跡・文化財ホームページ) > 青森市の文化財 > 昔の道具を調べよう > 居間の道具2

ここから本文です。

更新日:2014年12月22日

居間の道具2


火熨斗(ひのし)


炭火(すみび)アイロン


吊(つ)りランプ


行灯(あんどん)


小(こ)タンス


エンツコ

【火熨斗(ひのし)】
中に炭火を入れ、熱(あつ)くなった底を布に当て、シワを伸ばしたり、ヒダをつけたりする道具。

【炭火(すみび)アイロン】
中に炭火を入れて使ったアイロン。

【吊(つ)りランプ】
天井からつるして使う照明器具(しょうめいきぐ)。燃料(ねんりょう)は石油を使いました。

【行灯(あんどん)】
丸や四角の木のわくに紙をはり、中に油皿(あぶらざら)をおいて火をともす照明器具。

【小(こ)タンス】
居間において、お茶の道具などを入れて使ったタンス。茶ダンスとも呼ばれていました。

【エンツコ】
赤ちゃんを入れて、あやしたりするためのカゴ。

問合せ

所属課室:青森市教育委員会事務局文化財課 

青森市新町一丁目3-7 

電話番号:017-718-1392・017-718-1389

ファックス番号:017-718-1394

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?