グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > 文化・スポーツ・観光 > 文化・芸術 > いにしえ青森(青森市遺跡・文化財ホームページ)

ここから本文です。

更新日:2018年7月30日

いにしえ青森(青森市遺跡・文化財ホームページ)

新着情報

  • 森林博物館で夏休み絵画企画「明治建築を描こう」が開催されます。
    築110年の森林博物館をスケッチしよう。樋口信雄さん(青森水彩会)がアドバイスいたします。
    色づけは館内で出来ます。

    日時:8月18日(土曜日) 9時30分~12時00分

    料金:無料

    準備するもの:スケッチブック・画材・敷物

    場所:青森市森林博物館(017-766-7800)

    申込方法:8月13日(月曜日)必着で、はがきに住所・氏名・年齢・電話番号を記入し、〒038-0012柳川2丁目4-7 森林博物館(017-766-7800)※申込後の連絡はありません。

  • 森林博物館で企画展「タネ・たね・種」が開催されます。

    県内に自生する500種の種子のサンプルと写真を展示します。

    日時:8月1日(水曜日)~9月20日(木曜日)9時00分~17時00分
    毎週月曜休館日(祝日にあたるときは、翌日)

    料金:(入館料)一般240円、高校・大学生120円、中学生以下・70歳以上の方無料/20人以上の団体利用は半額。

    場所:青森市森林博物館(017-766-7800)



  • 「北海道・北東北の縄文遺跡群」が世界文化遺産の推薦候補に決定!

    2018年7月19日、国の文化審議会が世界文化遺産の新たな推薦候補に本市の三内丸山遺跡及び小牧野遺跡を含む「北海道・北東北の縄文遺跡群」を選定しました。
    今後は、「北海道・北東北の縄文遺跡群」と自然遺産の推薦候補となっている「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」のどちらか一つが国の推薦としてユネスコへ推薦書が提出されることになります。国から推薦書が提出された世界遺産候補地はユネスコ諮問機関による現地調査を経て、世界遺産委員会で世界文化遺産の登録審査・決定が行われます。
    引き続き、「北海道・北東北の縄文遺跡群」の世界文化遺産への登録を目指し皆様のご支援・ご協力をよろしくお願いします。

 

  • めざせ!世界遺産!!「こまきのヴィレッジまつり2」を開催します。

    作、食、音、伝、学、遊の6つのサークルで「縄文」を楽しもう♪

    日時:8月11日(土・祝)10時00分~15時00分

    こまきのヴィレッジ2内容:
    ■作サークル(有料)
    ・縄文時代や自然をテーマにしたワークショップを開催
    Atelier muguet(こまきのハーバリウム)、しいの木(こぐまのキラキラMPソープ)、ripples(ガラスのドリームキャッチャー)、アトリエcanoe(革のキーホルダー)、jomo☆rock(タイダイ染め)
    ■食サークル
    ・飲食コーナーでコーヒーやパンを販売
    自遊木民族珈琲(自家焙煎オーガニックコーヒー、ヴィーガンスイーツ)
    種八農園とぱん屋麦八(パン、スープ、野菜)
    ■音サークル
    ・アフリカン太鼓、クラシックギターの演奏等
    ■伝サークル
    ・高田ねぶたの映像等を展示
    ■学サークル(有料)
    ・ミニチュア土器作りと土偶マグネット作り
    ■遊サークル
    ・スポーツ鬼ごっこを開催(13時00分~)

    場所:縄文の学び舎・小牧野館(017-757-8665)

    ※申込等は不要です。当日、会場までお越しください。



  • 森林博物館で夏休みこども特別企画「昆虫標本と写真展」が開催されます。

    日時:7月14日(火曜日)~8月26日(日曜日)9時00分~17時00分
    毎週月曜休館日(祝日にあたるときは、翌日)

    料金:(入館料)一般240円、高校・大学生120円、中学生以下・70歳以上のかた無料/20人以上の団体利用は半額。

    場所:青森市森林博物館(017-766-7800)

 


  • 森林博物館の展示資料が「林業遺産」として認定されました!

森林博物館で実物展示中の「幹部視察用客車あすなろ号、モノコック鋼製運材台車、六郎隊扁額」の3点を含む『我が国初の森林鉄道「津軽森林鉄道」遺構群及び関係資料群』が、一般社団法人日本森林学会による「林業遺産」として認定されました。認定内容:津軽森林鉄道は日本で最初の森林鉄道で、明治42年(1909年)に竣工しました。青森市沖館の貯木場を起点とし、全長は本線だけで67kmにおよび、日本で建設された全森林鉄道の中で最長を誇ります。認定対象は、搬出関連として相ノ股隧道、ヒバ製及び鋼製橋梁等の主要遺構、幹部視察用客車あすなろ号、協三工業4.8t内燃機関車、モノコック鋼製運材台車、六郎隧道扁額、資料群として関係営林署別旧林道台帳、津軽森林鉄道関連地図、実測図面類、写真類となっています。

legacypicture

※林業遺産とは:「林業遺産」は、日本森林学会が学会100周年を契機として、日本各地の林業発展の歴史を将来にわたって記憶・記録していくため、平成25年度(2013年)から開始したもので、平成28年度(2015年)までに23件が認定されています。今回は、新たに8件が認定され、東北では、津軽森林鉄道遺構群等が初めて「林業遺産」となりました。

 

  • 民俗芸能等の派遣先を募集します。
    shishiodori

    青森市に古くから伝わる獅子踊りや登山囃子といった民俗芸能等の保護・継承を目的に、保存団体の発表機会を創出したいことから、その派遣を希望するイベント等の主催者を募集します。
    なお、派遣にあたっては事前の調整が必要になりますので、お申し込み前にご相談ください。
    (文化財課 電話:017-718-1392)

 

あおもり北のまほろば歴史館公式ホームページ(外部サイトへリンク)

小牧野遺跡公式ホームページ(外部サイトへリンク)

「縄文の学び舎・小牧野館」

「小牧野の森・どんぐりの家」

「あおもり北のまほろば歴史館」

縄文遺跡群の世界遺産登録を目指して

青森市に所在する三内丸山遺跡と小牧野遺跡は「北海道・北東北を中心とした縄文遺跡群」としてユネスコの世界遺産候補になっています。
青森市では、このような貴重な縄文遺跡を未来に伝え残していくため、世界遺産登録を目指した取組を進めています。

青森市内の遺跡

青森市内には、現在約400か所の遺跡があり、特に重要な遺跡については、国の特別史跡・史跡に指定されています。

青森市の文化財

青森市内にある国・県・市の指定文化財や関連情報などを紹介します。

遺跡に関する手続や刊行物

青森市教育委員会(および旧浪岡町教育委員会)刊行の発掘調査報告書等は、「全国遺跡報告総覧」上で公開しています。上記の「発掘調査報告書(外部サイトへリンク)」からダウンロードいただきますようお願いします。


 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問合せ

所属課室:青森市教育委員会事務局文化財課 

青森市新町一丁目3-7 

電話番号:017-718-1392・017-718-1389

ファックス番号:017-718-1394

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?